清掃業務 一覧

日常の生活空間で快適な時間を過ごす為に、日常清掃・定期清掃・特別清掃など高度な技術を駆使したプロのサービスをご紹介致します。

清掃業務 紹介

床清掃

床清掃

床材の保護と美観を維持するために行います。定期清掃やスポット清掃などによって、衝撃や汚れから床を守り、見た目に美しく快適な状態を保ちます。

ガラス清掃

ガラス清掃

建物形状が複雑化した近年では、窓ガラス清掃の方法も多様化し、素材や汚れに適した方法が重要です。高所でのどんな汚れもお任せ下さい。

カーペット清掃

カーペット清掃

洗浄回数の少ないカーペットは、汚れが蓄積されてしまい、美観が損なわれるのはもちろんの事、ホコリやダニなどの汚れがたまり、衛生面でも問題です。

エアコン清掃

エアコン清掃

エアコンの効きが弱くなっているのは、汚れによる影響が考えられます。定期的なエアコン洗浄は、カビやホコリによる悪臭や故障を防ぎ、また光熱費も抑えることができます。

排水管洗浄

排水管洗浄

排水管内に汚れがたまると、次第に厚みを増して流れを悪くさせ、ゴボゴボと言った音や悪臭の原因になります。

トイレ清掃

トイレ清掃

汚いトイレは、店舗やオフィスの印象を最悪のものにします。プロのトイレ掃除によって、便器の内部やフチの裏側など手の届きにくい場所までしっかり洗浄する事は、悪臭などの予防につながります。

貯水槽清掃

貯水槽清掃

安全に飲める水と、安心して使える貯水槽(給水設備)を守っていくためにも、定期的な貯水槽清掃業と共に、貯水槽の構造点検、修理、補強なども重要です。

グリストラップ清掃

グリストラップ清掃

グリストラップの清掃を行わないと飲食店の場合、調理場から出る油などの排水が排水設備に詰まり逆流したり、悪臭や食中毒の原因にもなり営業に支障が出る場合があります。

ダクト・厨房フード清掃

ダクト・厨房フード清掃

厨房フードやダクトの定期清掃は火災予防につながります。排気設備の問題点解消やダクト火災を未然に防ぐポイントは、排気ダクト内に蓄積する油や埃を定期的に除去する事です。

不用品回収・ゴミ片付け

不用品回収・ゴミ片付け

不用品回収・ゴミ片付け、引っ越し後の片付け、ゴミ屋敷の清掃・片付け、片付け後のクリーニング、遺品整理等、あらゆるゴミの問題に対応致します。

よくあるご質問

床材に合った清掃方法がわかりません。

定期清掃をキチンとしていれば、掃除機やクイックルワイパーなどで埃をとるだけで十分です。 水拭きも必要ありません。日常の床清掃を簡単にすませるためにも、定期清掃は必須です。

ガラス清掃は必要ですか?

ガラスを汚れた状態で放置すると、うろこ状の水垢を付けガラス全体が白く濁ってしまいます。こうなると通常のガラス清掃では綺麗にはなりません。ガラス自体の交換を行なうか、特殊な薬品を使用する事になり、結果的には高額の費用が必要になります。こうならないためにも、定期的なガラス清掃は不可欠です。

カーペットの定期清掃はどれくらいの周期で行なうのが良いのでしょうか?

年に1から2回の定期清掃が標準です。

エアコン清掃はどの位の周期で依頼するものですか?

エアコンの環境や使用年数によって違いがありますが、2年~5年を目安に清掃をお薦めしております。今現在、「冷暖房の能力低下かな?」「エアコンから悪臭がする!」「カビのようなものが吹き出し口に付いている。」など、気になる症状がありましたら、エアコン清掃会社にご相談下さい。

ダクトが汚れると、火災の原因になるって本当ですか?

ダクトに溜まった油汚れが、熱気や煙にふれることで出火し火災となることがあります。早めの清掃をお薦めしております。

排水管の定期洗浄は、どれくらいの周期で必要になりますか?

新築から3年目、それ以後は1~2年に一度くらいが目安です。

便器の頑固な汚れをきれいにする方法を教えてください。

便器に頑固に付着しているものが尿石で、トイレの悪臭や配管詰りの原因になります。尿石は、排泄物の尿酸、アンモニア、腐敗たんぱく質、リン酸がカルシウムイオンと結合して、時間がたつほどに落ちにくい汚れになっていきます。この尿石を除去するには尿石除去剤などが必要です。便器を毎日洗剤で清掃をしても尿石はなかなかとれないため、定期清掃をプロに依頼されることをお薦めします。

貯水槽の清掃周期はどのくらいの目安行えばいいですか?

貯水量が10t以上の貯水槽は、1年以内に1回、清掃と消毒をすることが義務付けられています。10t未満の貯水槽も、安全面から考えて1年以内に1回程度を目安にして下さい。

グリストラップから出た油(汚泥)はどのように処分したら良いですか?

汚泥は産業廃棄物ですので、一般ゴミに混ぜて捨てることは違法行為です。油(汚泥)の処理は、グリストラップ清掃会社にご相談下さい。